blog index

コミュニケーショントレーニング

効果的に伝える方法・プレゼンテーション・
上手な話し方・より良い人間関係を作る秘訣
好感を持たれるコミュニケーションワンポイントアドバイス
<< 人間関係が上手く行かないと感じる時 | main | 人間関係を良くするコミュニケーションスキル 挨拶の効果 >>
思いを伝えるコミュニケーション〜察する力〜
0
    JUGEMテーマ:人間関係



    こんなことはないですか?

    自分が大切にしていたり、
    大好きな人(ペットもあるかな?)だったり、
    そういう人達の事ってちょっとした会話や言動の中から、
    相手が本当に望んでいる事を察したりする事。

    一緒に買い物に行った時、
    結構じっくり見ていたものがあって、
    それ買うの?と聞くと、
    「いや、なんとなく気になったから見てただけ。」
    (欲しいけど、これ買う余裕ないなあ)

    とか、

    カップルの会話で
    「今週末の予定は?」
    「急な仕事はいったんだよね。」
    「そうなんだ。大変だね。がんばって。」
    (会いたかったけど、無理言えないなあ)

    とか、

    ソファーでテレビを見ていると、
    愛犬がやって来て、少し口の周りをなめながらじっとご主人の目をみる。
    (お水全部飲んじゃった。おかわりちょうだい)

    だとか。
    言葉になっていない部分も何だかわかる。

    これは私たちが持ってる察する力。

    相手の言動をしっかり見る事でだれでも発揮できるものだけれど、
    意識してないと使えないものでもあります。

    先日、母から
    「今日から1週間夏休み。家にいるから。」
    と電話があり、
    今朝、
    「今日で夏休みおしまい。連絡下さい。」
    と悲しそうな声で留守電が......

    えっっ?(´Д`;)
    ごめんなさい。聞き流しちゃってました。

    慌てて母に連絡して、お昼一緒に食べました。
    めでたしめでたし?

    会話をするのなら
    せっかくだから、目的がある時はしっかり言葉で伝えた方が
    絶対答えは手に入ると私は思うのですが、
    どうでしょうか?

    察する、というのは相手の気持ちに寄り添うとてもやさしい気持ち。

    でも察して欲しい。と思っても
    通じない事もありますよね。

    そして、
    察してもらえないと
    がっかりしたり、寂しく感じたり、
    悲しくなったり、時には腹もたつ。

    せっかくコミュニケーションをとるのなら、
    思いをしっかり伝えましょう。

    シンプルに伝える。が
    お互いに気持ちの良いコミュニケーションの基本だったりします。
    コミュニケーション心理学1級認定コース

    JDMA認定講座
    | インストラクター | コミュニケーション | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://communication.n-sk-c.info/trackback/23
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ